blog

2017年4月2日 広島『Juke』

(2017年03月11日)

IMG_4316

 

 

 

 

 

 

 

 

チケットお申込みは

barakainfo@barakarock.com

までお願い致します。

 

BARAKA20周年記念ライブチケット購入につきまして

(2017年03月11日)

【BARAKA20周年記念ライブ、チケット販売につきまして】

BARAKA20周年記念ライブのチケットのご購入方法についてお知らせいたします。

★2017年11月2日(木)★
《東京国際フォーラムCホール》
18:00開場
19:00開演
¥6,000円 ※ 全席指定

プレイガイド発売前に、以下2通りの方法で先行販売いたします。

① ライブ会場にて
3月12日、初台Doorsでのライヴ会場にて販売開始!
¥ 6,000円

※ 以下のライブが追加となりました。
▪︎6月11日 館山市民文化ホール
▪︎6月12日 原宿クロコダイル
▪︎8月10日 築地ブルームード
▪︎9月1日 鶴ヶ島ハレ

② メールでのお申し込み
3月12日、昼12時より受付開始!

6,000円+送料、1申し込みにつき180円(スマートレターにて送付致します)

※席順については抽選にて決定させていただきます。

▪︎お名前
▪︎メールアドレス
▪︎電話番号
▪︎住所
▪︎チケットの枚数

以上を明記の上、baraka20th@gmail.com までメールでお申し込みください。

振込先などは、メールにてお知らせ致します。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

 

FullSizeRender

2017年3月31日博多『Gate’s7』

(2017年02月02日)

2017前半スケ

チケット予約は

barakainfo@barakarock.com

までお願い致します。

2017年3月25日濵松『窓枠』

(2017年02月02日)

IMG_3842

チケット予約は

barakainfo@barakarock.com

までお願い致します。

2017年2月5日名古屋『BREATH』

(2017年02月02日)

15823029_1415172438503559_2250092042981552917_n

チケット予約は

barakainfo@barakarock.com

までお願い致します。

2017年2月4日京都『都雅都雅』

(2017年02月02日)

15822753_1415172405170229_2913855355881204131_n

チケット予約は

barakainfo@barakarock.com

までお願い致します。

2017年ツアースケジュール!

(2017年02月02日)

2017前半スケ

チケット予約は

barakainfo@barakarock.com

までお願い致します!

BARAKA20周年記念ライブ!2017年11月2日

(2017年02月02日)

FORUM

東京国際フォーラムCでのライブが決定しました!!

『A Night at the Open』フランスの音楽雑誌「Koid9」のレビューに登場!

(2016年10月26日)

 

フランスの音楽雑誌『Koid9』にBARAKA通算13枚目のアルバム『A Night at the Open』のレビューが掲載されました。
日本語訳とともにご紹介させていただきます。

【Baraka】 “A Night at the Open”

我らが日本のBarakaにとって既に13枚目となるアルバム。但し今回は新たな曲はなく、数年前に既にBeatlesの「ホワイトアルバム」を使ってやったように、アルバムジャケットとタイトルからお察しの通り、今回はQueenの楽曲を新しい解釈でカバーしている。

しかしながら、タイトルが示すような“A Night at the Opera”のカバーという訳ではなく、様々なアルバムから選曲されたもののカバーである。

彼ら(Baraka)が天才的なやり方でFab Fourの音楽を書き改めた「Beatlesのカバーアルバム」とは異なり、今回は僅かにオリジナルバージョン寄りであり、こう言うのが可能ならば、殆どより良いものにしている。

いずれにせよBaraka流の味付けでだが、もう一度言うが、凄くうまくいっているのだ。

ジャケットの裏には、約40分で10曲のタイトルが収められてる旨示されている。しかしここにはサプライズが隠されている。

“Tie Your Mother Down”は東洋風の銅鑼で導入されるが、むしろ原曲に忠実に表現され、それは”You Are My Best Friend”のイントロに限っても同様である。

イントロに限ってというのは、他の部分はテンポを落としヴォーカルが60年代のサウンドをもたらすBeatlesのスピリットの中で演奏されているからだ。

“I Was Born To Love You”はそうではない。イントロはメタルで他の部分はUB40のスピリットでレゲエを奏でている。

大変熱狂的で、日本酒が頭に回ったらどうなるか?その結果がここにある!

“Don’t Stop Me Now”はとりわけそのアコースティックギターが、そして何と言っても殆どルンバといっても良いほど、テンポを遅くして完全に曲の骨組みを変えている点が素晴らしい。

更に象徴的と言えるのは“We Will Rock You”であり、この短いバージョン(2分10秒)は、ほとんどTOTOが作曲したのかもしれないと思えるほどだ。

いずれにせよ、それは出だしについてのことである。というのも、その後は悪魔のような高見一生が歌に満足出来ず、まるでブライアン・メイのように、白熱したソロを遠慮することなく披露しているからで、彼がそれをせずにはいられなかったことが感じられる。

“Now I’m Here”についても、ギターを楽しむネタがある。しかし類似性を見るべきなのはチープ・トリックの方にだ。というのはベースとリズムギターがロビン・ザンダーがいるバンドのそれと同じだからだ。

“Killer Queen”は全く面影がない。ほとんどチャーリー・オレグ風で、電子キーボードがふんだんに使われている。ただギターだけが鋭く尖ったままである。

世間的に余り認知されていない“Good Old-Fashioned Lover Boy”はレゲエとBeatlesの混合物に姿を変えていた。確かにオリジナルバージョンはこの変身を受け入れた方がきっと良いだろう。

“Radio Ga Ga”はディスコミュージックのリズムとギターのラインを保っているが、それだったら私は、よりちょっとテクノ音楽っぽくて、例えばFlash Gordonでギターが持っていた音の響きをより一層持っているこのバージョンの方を好む。

“Teo Toriatte”をオリジナルより良くすることは難しい。それ故ほぼ半分の2つのパートに分割されただけでなく、表現はかなりオリジナルに近付けられていた。この曲でディスクは終了かと思われた。

ところが10分34秒に及ぶ隠しトラックがあり、そこでトリオはほぼ半ダースの楽曲によるメドレー(それについては何も申し上げないが)を、制約の無さや快楽によってだけでなく、更にもっと遠慮することなく自由に表現してqueen%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1いる。これがこのディスクのサプライズなのだ!

世に出た、見事な「Queenの世界のリライト」であるこのディスクを私は大変好むし、Barakaには他の妄想を心ゆくまで楽しみ、その意志の中で例えばGenesisに立ち向かってくれることを期待している。

ブリュノ・カッサン
(Bruno Cassan)

訳:大柳貴

 

 

 

queen%e8%a8%98%e4%ba%8b

 queen%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1

BARAKA 新Tシャツ登場!

(2016年10月24日)

BARAKAのNewTシャツ登場!

2016年バージョンはこれ!

税込2,500円 サイズはXL、L、M、S、WL、WM、WS

※WL、WM、WSは女性用です。

ライブ会場と通販でお求めいただけます。

【ライブ会場での販売】

10月1日 鶴ヶ島『ハレ』

11月11日 渋谷『マウントレイニアホール』

【通販】

barakainfo@barakarock.com

までメールでお申し込みください。

 

 
img_2095