BARAKA歌詞の世界(10)The Chairs Made of Guns

2枚組の歌入りベスト、The Best of BARAKA SONGSのDisc1の最後を飾るのがこの曲です。
ということは、この企画もようやく半分まで来た、ということですね(まだ半分!?とも言えます(笑))。

さてこの曲。元々は6枚目のアルバムに入っていました。その時のタイトルはMade of Gunsです。で、その後9枚目のアルバムにインストとして再構成され、その時のタイトルがThe Chair Made of Guns(椅子が単数形です)。このインストバージョンはThe Best of BARAKAにも収録されていますね。で、今度歌入りのベストに入ると椅子が複数になってタイトルにも登場。んー、変幻自在というかなんというか(笑)。
BARAKAの歌詞は様々なタイプのものがありますが、これは比較的「何か」が分かりやすい、説明的な歌詞ですね。モザンビーク、家族の写真、椅子。でもその椅子がMade of Guns、というわけです。モザンビークはアフリカ南東部に位置する国ですね。マダガスカル島の西側にあって、海に面しています。1992年まで内戦が続いていて、この内戦だけで100万人が犠牲になったとも言われています。
内戦終了後も、貧困、低教育、医療不足等様々な問題を抱えていたのですが、平和と復興に近づける活動の一つとして、「銃を鍬へ」というプロジェクトが開始されました。そこで回収された銃の一部がアート作品となり、そしてその「椅子」という作品がこの曲へとつながっています。
ところで、武器をアートに変えた作品の一部は日本の愛媛県にあるのだそうです。2019年9月にも西条市でアート展が開催されたとのこと。BARAKAはあいにく愛媛には訪れたことがないのですが、機会があればその作品たちにも出会えるかもしれません。

そんな深いテーマが描かれた本作。ぜひ聞いてみてください。あ、インストとの聴き比べも面白いです。かなり異なるバージョンとなっていますよ。


The Chairs Made of Guns

I gazed blankly at a paper
I found a photo of Mozambique
A family and two chairs
The father read a paper like me

It seems ordinary life
Heartwarming and peaceful
But I felt something was wrong
With their nerveless faces

I gazed blankly at a paper
I found a photo of Mozambique
It seems ordinary life
Heartwarming and peaceful;

A family and two chairs
The father read a paper like me
But I felt something was wrong
With their nerveless faces

Relaxing on the chairs
Chairs made of guns
Relaxing on the chairs
Chairs made of guns

It seems ordinary life
Heartwarming and peaceful
But I felt something was wrong
With their nerveless faces

Relaxing on the chairs
Chairs made of guns
Relaxing on the chairs
Chairs made of guns

In the sunlight filtering down through the trees
In the sunlight filtering down through the trees

Relaxing on the chairs
Chairs made of guns
Relaxing on the chairs
Chairs made of guns


ぼんやりと新聞を眺めていると
モザンビークの写真が眼に入った
家族と2つの椅子
父親は僕のように新聞を読んでいる

何気ない日常のひとコマに見えた
ほほえましく平和な光景に
でもよく見ると無気力な表情の中に
ある違和感が浮かんでる

ぼんやりと新聞を眺めていると
モザンビークの写真が眼に入った
何気ない日常のひとコマに見えた
ほほえましく平和な光景に

家族と2つの椅子
父親は僕のように新聞を読んでいる
でもよく見ると無気力な表情の中に
ある違和感が浮かんでる

彼らは銃でできた
椅子でくつろいでいた
銃で作られた椅子で
くつろいでいたんだ

何気ない日常のひとコマに見えた
ほほえましく平和な光景に
でもよく見ると無気力な表情の中に
ある違和感が浮かんでる

彼らは銃でできた
椅子でくつろいでいた
銃で作られた椅子で
くつろいでいたんだ

木漏れ日の中で
木漏れ日の中で

彼らは銃でできた
椅子でくつろいでいた
銃で作られた椅子で
くつろいでいたんだ